So-net無料ブログ作成
検索選択
わが逝くはネタの大海 ブログトップ

10の質問をします [わが逝くはネタの大海]

さて、では私からcoaさんへの質問。

①座右の銘は?
②あなたの人生に影響を与えた本は?
③尊敬する人は?
④好きなラジオ番組は?
占いを信じる?
⑥おみくじを信じる?
⑦迷信を信じる?
⑧ここ3ヶ月の間のいちばん大きな買い物は?
⑨行きたいところはどこ?
⑩お薦めの株は?



私の場合は

①座右の銘は?
甘酸是人生也

②あなたの人生に影響を与えた本は?
「トンデモ本の世界」 と学会・編
この本のおかげでいろいろ考えるようになったなぁ。

③尊敬する人は?
祖父母。
見習いたいものです。

④好きなラジオ番組は?
サントリー・サタデー・ウェーティングバー アバンティ

⑤占いを信じる?
運のよいところだけ信じる。
日々の生活で気をつける指針にしたりもする。

⑥おみくじを信じる?
要注意事項の部分を気に掛けたりする。

⑦迷信を信じる?
わりと信じるほう。

⑧ここ3ヶ月の間のいちばん大きな買い物は?
サマージャケット
冷房が効きすぎてる場所用に。

⑨行きたいところはどこ?
温泉
ゆっくり浸かりたい。

⑩お薦めの株は?
お薦めというわけではないけど、
日本金銭機械(6418)にはぜひ頑張って欲しい。

こんな感じ。
それではcoaさん。
あとはよろしく。


10の質問が届きました [わが逝くはネタの大海]

coaさんとの合同企画。
さてさて
これで私のひととなりをうまくお伝えできるでしょうか。

①ハンドルネームの由来は何ですか?
運任せ的なイメージで。

②BLOGの趣旨は何ですか?
運について考える。
あと、神社仏閣めぐりの報告などできたらいいなと。
なぜか趣旨からずれた内容が多いけど。

③BLOGタイトルの由来は何ですか?
趣旨から。

④現実世界のあなたはどのような人ですか?
それほど神頼み的ではないつもり。
お人好し。
あだ名が「のび太くん」だった時期がある。
(きわめて短期間だったけど)

⑤バーチャル世界のあなたはどのような人ですか?
知識人を装いたかったけど、無理なようです。
さて、どんなキャラクターを演じましょうかね。

⑥BLOGの内容について語ってください。
日常のなにげない出来事から脳内妄想まで
幅広く扱っております。

⑦あなたの恋愛観を語ってください。
縁があるか無いか。
あれば嬉しいし、なければ仕方ない。
占いの恋愛運は当てにできないと思う。
こんな感じ。

⑧将来の夢を語ってください。
穏やかに過ごしたい。
読書三昧。

⑨生まれ変われるとしたら、何になりたいですか?
漫画家。
むかしはけっこう絵を描く練習していたけど、
才能がないのが分かってから描くのやめたから。

⑩相手のBLOGに対してひとことお願いします。
熱い!
熱意を感じられます。
私も見習いたいものです。

今回はボケなし。
思い浮かばなかったもので。
なんというか、我ながらぱっとしないなぁ。


事実を元にしたフィクションです [わが逝くはネタの大海]

「ダ・ヴィンチ・コード」と「MMR」は。

ダ・ヴィンチ・コード最終解読

ダ・ヴィンチ・コード最終解読


「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー

「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー

  • 作者: ホセ・アントニオ・ウリャテ ファボ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本


MMR神聖大予言 地球はすてに死滅している!?編

MMR神聖大予言 地球はすてに死滅している!?編

  • 作者: 石垣 ゆうき
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/07/14
  • メディア: コミック


合同企画5回目 [わが逝くはネタの大海]

前回だしたお題は、coaさんの得意分野ということも
あって、かなり熱く語っておられましたね。
お手頃価格のビリヤード場が相次いで閉鎖して以来、
私は全然ビリヤードしておりません。
本まで買ったのにね。

さて、coaさんとの合同企画「互いにお題を出し合おう」も
今回が5回目、最後のお題。

自己分析をしてください
具体的にいえば、自分のいいところ・長所を2つ以上、
よくないところ・改善すべきところを1つ以上あげてください !!

ではさっそく。
◆長所◆
1)人を信頼する
  これは重要。人を信じられなくなったら悲しいですね。
2)割りと根気がある
  飽き性ということはないですね。細かい作業とか向いている
  気がします。
3)好奇心がそこそこ旺盛
  いろいろなものに興味が湧きます。
  ヒマを感じることがない。

◇短所◇
1)騙されやすい
  「いまこの株を買っておけば近いうちに値上がりしますよ。」
  と言われて、購入した株が酷いことに。証券会社の担当は
  替わってしまった。
2)根に持つ
  気持ちの切り替えが遅いというのはいけないですね。
  あの出石そば屋の恨みがなかなか忘れられません。
3)どれも中途半端
  いろいろなものに興味をもつと、浅く広くになってしまいますが、
  私の場合、さほど広くもないのに、非常に浅いとのですね。

☆ここから導きだされること☆
臨機応変。
私のばあい、長所短所が表裏一体のような感じです。
長所を伸ばせば短所も大きくなり、短所をなくせば長所も消えてしまう。
ということで、うまく自分をコントロールできるように
なることが重要かなと思います。
ではなぜ、自己抑制ではなくて臨機応変かというと。
そのほうが気持ちが軽いから。
深い意味は全然ありません。

「ホーホケキョ となりの山田くん」というアニメ映画にでてくる先生が
座右の銘で書いていたことば
「適当」というのにもすごく憧れますけどね。

ホーホケキョ となりの山田くん

ホーホケキョ となりの山田くん

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2000/11/17
  • メディア: DVD




合同企画は今回が一応最後となりましたが、
また機会があればやってみたいですね。


追記:
マイカテゴリーの
「わが逝くはネタの大海」というのは
「銀河英雄伝説外伝 わが征くは星の大海」
からいただきました。

銀河英雄伝説外伝 わが征くは星の大海

銀河英雄伝説外伝 わが征くは星の大海

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2003/12/21
  • メディア: DVD


合同企画4回目 [わが逝くはネタの大海]

ケロロ軍曹、面白いです。
最初、アニメーションから入ったのですが、原作とは少し
設定が違うと聞いたので、原作も読んでみなくてはと思い
まとめ買い
オタクにはたまりませんね。

さて、coaさんからのお題:

「アニメイトと私(アニメイトの部分はまんだらけやとらのあな、
ゲーマーズなどなどでも代用可)」について語ってください。

とのことですが。
例にあがったところにほとんど行ったことがないので、
非常に近しいところで

大阪日本橋と私」について語ってみます。

私が大阪日本橋に通うようになったのは、パソコンを購入して
からでした。
Windows95の全盛期、当時さほど裕福でなかった(今も裕福
とはいえませんが)私は、10年ちかくかかって貯めたお金を
握りしめて、近所のミドリ電化へ出かけました。

目的はNECのValuestarシリーズ。
CPUがMMXPentium200MHz、メモリが32MB、HDDが3GBという
スペックで、メモリがちょっと物足りない以外は、私には十分な性能
でした。

ところが、マイクロソフトゲーム、エイジオブエンパイアを購入して
プレイするころから、マシンパワーに不足を感じるようになったんですね。

わたしは文系の人間で、パソコンの知識もほとんどなかったのですが、
どうにかこのゲームを快適にプレイしたいと思い、「ビギナーズぱそ」や
「DOS/V MAGAZINE」、「DOS/V POWER REPORT」なとを読み漁って
解決方法を探しました。

そして、メモリ増設、CPUの載せ替えを知ったのです。
あのころは、増設や載せ替えに使う部品は、そこらの家電
量販店では手に入りにくかったんですね。
あることはあるけど、選択の幅が狭く割高。

そこで、大阪日本橋まで出かける決心をしたんです。
最初に恵美須町駅出口から地上にでたときの興奮は忘れら
れません。
周り中、パソコンですよ。家電製品ですよ。
うちの近所では目にすることなんかないパーツがごろごろですよ。

雑誌で調べた製品のメモを片手に、リュック背負って歩く姿は
電車男・第1話そのままでしたね。
私の知識は彼の足下にも及びませんが。

店員さんが私の質問に丁寧に答えてくれたときはほんとに
うれしく思いました。
そして、購入したパーツを、自宅でパソコンに組み込んで、
パソコンが正常に作動したときの感動といったら。

それ以来、大阪日本橋の魅力にすっかりまいってしまって
いたのですが・・・
私が通っていた店舗がどんどん無くなっていったことに加え、
郊外型の大型家電量販店のパソコンパーツ売り場の充実、
梅田へのソフマップ、ヨドバシカメラの進出などが重なって、
大阪日本橋へ行くことも無くなってしまいました。

大阪日本橋で最後に購入したのは、妹のパソコンでしたね。
今も現役で動いています。

メイドカフェが出現したのは、私が大阪日本橋へ行かなくなって
しばらくたってからでした。

今は、ヤマダ電機が進出しているんですね。
また出かけてみようかなと思います。

大阪日本橋の魅力はこちら

さて、5回目のcoaさんへのお題:

「ビリヤードと私」








ビリヤード・ストレートマスター―理解って撞ける基本技術修得読本

ビリヤード・ストレートマスター―理解って撞ける基本技術修得読本

  • 作者: 須藤 路久
  • 出版社/メーカー: BABジャパン
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本


合同企画3回目 [わが逝くはネタの大海]

coaさんに出したお題は、
「レオナルド・ディカプリオが出演したドラマ、もしくは
映画どれか一本について論評してください。」
というものでした。
難しいお題によく答えてくれました。

私は、ギルバート・グレイプで知的障害児を演じていた彼が
好印象ですね。クイック&デッドのやんちゃ小僧ぶりもなかなか
よかったです。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンをまだ観てないので、いつか
みなくてはと思っています。

ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ


クイック&デッド<Hi-Bit Edition>

クイック&デッド

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2003/12/17
  • メディア: DVD
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/01/27
  • メディア: DVD
さて、今回いただいたお題: 腐女子について

呼称の由来、その特徴など詳しくはウィキペディアを参照して
いただくとして。

腐女子の方々にとって今年もっとも衝撃をうけたのは
青磁ビブロスの倒産でしょう。
このあたり参照のこと。
さくっと知りたい方はこちら

オタ検でも話題になったこの会社、じつはBL系創作物に
めっぽう強いと評判でした。
本業は好調だったということで、他社に引き継がれ存続する
ことになったみたいです。
これも、ファンあってのことでしょうね。

同様のケースに、月刊ファンロードの例が挙げられます。
BL系ではないでしょうが。 こちら参照のこと。

本業がしっかりしていて、顧客のニーズに応えていれば、
へこたれないということでしょうね。

ファンロードがなければ、私は吉崎観音氏を知ることもなく、
ケロロ軍曹に注目することもなかったと思います。

というわけで、coaさんへ次のお題:
ケロロ軍曹について熱く語れ。
ということで、どっすか?
ケロロ軍曹 (12)

ケロロ軍曹 (12)

  • 作者: 吉崎 観音
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/02/25
  • メディア: コミック

合同企画2日目 [わが逝くはネタの大海]

coaさんに、メイドブームの功罪について熱く語って いただきました。
導入部に市原悦子氏の名前がでてきたときは、どう収拾を
つけるのかと思いましたが。

さて、いただいたお題
「ダ・ヴィンチ・コード」について

本はこちら
映画はこちら

5月20日に公開された映画の滑り出しも好調とのことで
ソニーの株も上昇しているようです。
カンヌでの評価はかんばしくないようですけど。
また、あるキリスト教団体がソニー製品の不買運動を展開
ているようですが、今のところ大事には至っていないようですね。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060519k0000m020031000c.html

それにしても、なぜここまで人気がでたのでしょう?
思うに、いまみんな「謎」や「神秘」、「陰謀」、「秘密結社」に
飢えているからではないでしょうか。
いままでそれらを提供してくれていたのが、ノストラダムス、
UFO、UMA、フリーメーソンなどでした。
しかし、と学会の研究発表によってそれらの謎めいたところや神秘性が
失われ、みんなが次の「なにか」を求めていたのでは。
とくにノストラダムスの凋落ぶりは言わずもがなでありましょう。

ノストラダムスに利用価値がなくなったとみた業界が、レオナルド・ダ・ヴィンチに
代わりを見いだすであろうことは想像にかたくありません。
また、これを機会にフリーメーソン陰謀論者が元気づくことでしょう。

ともあれ、今後、ダ・ヴィンチ・コードの便乗本が多数出版され、我々が
「謎」や「神秘」、「陰謀」、「秘密結社」を大いに楽しめることは間違いない
ようです。

私も、ダ・ヴィンチ・コードを読んでみようと思います。

さて、coaさんへのお題:
レオナルドつながりということで、レオナルド・ディカプリオが出演したドラマ、もしくは
映画どれか一本について論評してください。

追記:
ノストラダムス氏はこちらのほうでご活躍されています。失礼しました。

ダ・ヴィンチ・コード関連の書籍。すごいわ。

ダ・ヴィンチ・コード (上)

ダ・ヴィンチ・コード (上)


ダ・ヴィンチ・コード (下)

ダ・ヴィンチ・コード (下)

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/05/31
  • メディア: 単行本


「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー

「反」ダ・ヴィンチ・コード―嘘にまみれたベストセラー

  • 作者: ホセ・アントニオ・ウリャテ ファボ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本


「ダ・ヴィンチ・コード」 謎を解く旅への招待 --ラングドン、ソフィーと巡るパリ・ロンドン

「ダ・ヴィンチ・コード」 謎を解く旅への招待 --ラングドン、ソフィーと巡るパリ・ロンドン

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2006/04/14
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド

ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド

  • 作者: マーティン・ラン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/04/06
  • メディア: 新書


ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版

ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本

ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く―世界的ベストセラーの知的冒険ガイド

ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く―世界的ベストセラーの知的冒険ガイド

  • 作者: サイモン コックス
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 文庫


ダ・ヴィンチ・コードの「真実」

ダ・ヴィンチ・コードの「真実」

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫


「ダ・ヴィンチ・コード」イン・アメリカ――「ソロモンの鍵」解読ガイド

「ダ・ヴィンチ・コード」イン・アメリカ――「ソロモンの鍵」解読ガイド

  • 作者: グレグ・テイラー
  • 出版社/メーカー: 白夜書房
  • 発売日: 2006/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ダ・ヴィンチ・コード最終章(FINAL)

ダ・ヴィンチ・コード最終章(FINAL)

  • 作者: 花山 空勝
  • 出版社/メーカー: ウィズダムブック社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチの暗号を解読する―図説ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチの暗号を解読する―図説ダ・ヴィンチ・コード

  • 作者: 中見 利男
  • 出版社/メーカー: 日本文芸社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本


映画ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック

映画ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック

  • 作者: アキヴァ・ゴールズマン
  • 出版社/メーカー: 角川メディアハウス
  • 発売日: 2006/05/18
  • メディア: 単行本


『ダ・ヴィンチ・コード』誕生の謎

『ダ・ヴィンチ・コード』誕生の謎

  • 作者: ライザ ロガック
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド

ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド

  • 作者: サイモン・コックス
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2004/09/16
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コード最終解読

ダ・ヴィンチ・コード最終解読

  • 作者: 皆神 龍太郎
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本


「ダ・ヴィンチ・コード」の謎と真実

「ダ・ヴィンチ・コード」の謎と真実

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


キリストとテンプル騎士団―スコットランドから見たダ・ヴィンチ・コードの世界

キリストとテンプル騎士団―スコットランドから見たダ・ヴィンチ・コードの世界

  • 作者: エハン デラヴィ
  • 出版社/メーカー: 明窓出版
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コードの雑学大事典―暗号(コード)を読み解くキーワード!

ダ・ヴィンチ・コードの雑学大事典―暗号(コード)を読み解くキーワード!

  • 作者: ダヴィンチの謎研究会
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫


ダ・ヴィンチ・コード キーワード完全ガイド

ダ・ヴィンチ・コード キーワード完全ガイド

  • 作者: ダヴィンチの謎研究会
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫


ダ・ヴィンチ・コード実証学―現地取材で解明された、小説の裏側

ダ・ヴィンチ・コード実証学―現地取材で解明された、小説の裏側

  • 作者: マリ=フランス エトシュゴワン, フレデリック ルノワール
  • 出版社/メーカー: イーストプレス
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

  • 作者: ダン・ブラウン
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫


ダ・ヴィンチ・コード その真実性を問う

ダ・ヴィンチ・コード その真実性を問う

  • 作者: ハンク ハネグラフ, ポール L マイアー
  • 出版社/メーカー: いのちのことば社
  • 発売日: 2006/05/02
  • メディア: 新書


15分で読めるダ・ヴィンチ・コード 真実の裏側50

15分で読めるダ・ヴィンチ・コード 真実の裏側50

  • 作者: リチャード アバンズ
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コードの秘密 決定版[DVD]

ダ・ヴィンチ・コードの秘密 決定版[DVD]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェネオンエンタテインメント
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コード謎の旅ガイド

ダ・ヴィンチ・コード謎の旅ガイド

  • 作者: ジェニファー・ポール, クリストファー・カルウェル, 阿曽 ゆり子
  • 出版社/メーカー: バベル
  • 発売日: 2006/05/22
  • メディア: 単行本


ダ・ヴィンチ・コードの歩き方―パリの迷宮と神秘の世界を歩く

ダ・ヴィンチ・コードの歩き方―パリの迷宮と神秘の世界を歩く

  • 作者: 宮崎 寿子, ピーター・ケイン
  • 出版社/メーカー: マックス
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本


合同企画1日目 [わが逝くはネタの大海]

coaさんから、
「なんか面白いことしない?」
と誘われたんで、合同企画。
相手の出したお題について、自分とこのブログに書くことに
なりました。

さて、今日のお題は

対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェイス
について語ってくださいっ

なんのことか分からない方はとりあえずここをごらんください。

そうねぇ・・・
かわいい女子型インターフェースならいいな。
もし思念体とやらが私と接触を試みるためにインターフェースを
寄越すとしたら。
おっさんはいやだなぁ。

あ、でも、たしかこのインターフェースは情報を書き換える能力が
あるらしいね。
私の人生の情報も書き換えてくれるのなら、おっさんはいやだとか
贅沢は言わない。
このあいだ買った宝くじが当たるようしてくれるとかね。

他の誰かのために寄越されるんなら、どうでもいいや。
いや、どうでもよくないな。
その誰かが私とどんな関係がでてくるか分からないものね。

結論:おまえのインターフェースは俺のインターフェース。俺のインターフェースも俺のインターフェース。 

さて、coaさんへのお題:
昨今のメイドブームの功罪について述べよ。


わが逝くはネタの大海 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。